Crucible合宿 in 伊豆 《前日譚》

最終更新: 2019年1月30日

あけましておめでとうございます、のかおです。今年の年末年始は珍しくわたさんが長めに休みが取れそうだったので、「せっかくなので泊まりで年越しツーリングしましょう」という話に。チームLINEで同行者を呼びかけたところ集まったのが今回のメンバー。複数人で旅をするのはサイクリング部の活動以外では初めてのことで、とても新鮮な気持ち。


さて、どこに行こうか。


わたさん以外は実家が関東なので、雪のない房総半島か、伊豆あたりを走ろうということに。今回はサイクリング部の旅と違って、ランドナーではなくロードバイクでの宿泊(宿に泊まる)ツーリングである。計画を立て始めたのが12月の始めだったので良さげな宿はすでに満室。残っているのは高級旅館くらい。そこで、今回はとにかく泊まれる宿を探して、そこを目指してルートを作る方針に。


なんとか探し当てた宿が伊豆高原にある「B&Bゲストハウス輪の宿」と弓ヶ浜にある「Guesthouse SORA 南伊豆」。どちらも手ごろな価格で雰囲気の良さげな宿(詳しくは本レポートで)。ここに泊まりながら伊豆半島を時計回りに一周して、初日に箱根の山登りを組みこむルートに決定。伊豆半島自体アップダウンが激しくヘビーな道だが、ロングライド慣れしたこのメンバーならいけるだろうと踏んで、3日間すべてに1000mのヒルクライムを組み入れて3日間で累計300㎞7000up程度になってしまった。すみませんでした。笑


合宿コース(ルートラボ)

1日目: https://yahoo.jp/QIuxpM

2日目: https://yahoo.jp/kqM3Uh

3日目: https://yahoo.jp/xdMY5H


今回は泊まる宿がすでに決まっているので、宿で必要な服等の荷物を事前に送る作戦に。みんなでまとめて送れば二日合わせて一人当たり800円ほど。これで大幅な軽量化に成功!かと思いきや、結局輪行袋や充電器類などの日用品は携帯しなければいけないのでアピデュラを召喚することになった。このあたりはもう少し洗練の余地がありますね。でも、こうやっていろんな方法を試してみて、ノウハウのバリエーションを広げていくのは旅の醍醐味の一つだったりするのです。ランドナーでキャンプツーリング、ロードでバイクパッキング、車を利用しての拠点移動型のツーリングなどなど。自転車旅は奥が深い。


さて、話がそれましたがこれで準備は万端。天気予報も良好で、次回いよいよ出発の日をむかえます。

#Crucible合宿in伊豆 #CrucibleinIzu

129回の閲覧

Copy right © このホームページの著作権はCrucible sendai blogです

  • ホワイトTwitterのアイコン